あそこ(まんこ) が痒い

あそこ(まんこ)のかゆみの悩みは、多くの女性が体験したことがあるのではないでしょうか?本当に痒いのは苦痛ですよね。

 

 

私も、同じ悩みに苦しんだ1人なので、よく分かります。人目のある場所で、掻くこともできません。

 

またデリケートな部分なので、?くことで肌がダメージを受けて、かゆみが悪化してしまいます。


あそこ(まんこ) が痒い原因は?

 

あそこ(まんこ)のかゆみの原因は、大きく分けて2つです。

 

  • 痒みをともなう性病
  • デリケートゾーンの湿疹、かぶれなどの肌トラブル

 

あそこ(まんこ) が痒い改善方法は?

 

痒みをともなう性病の場合

 

性病は性行為が原因で感染するケースが多いです。しかし、最近ではセックスをしていなくても、「お風呂・トイレ」などの水回りで、クラミジアやカンジダ膣炎などに感染することも多いようです。痒みの原因が性病の場合は、病院で治療するしかありません。

 

 

デリケートゾーンの湿疹、かぶれなどの肌トラブルの場合

あそこ(まんこ) が痒い

かゆみの原因が、肌トラブル(湿疹、かぶれ)の場合は、痒み止め軟膏などの塗り薬によって、一時的には痒みから解放されるでしょう。

 

しかし、注意してほしい点がいくつかあります。

 

薬の慢性化

デリケートゾーンは、肌が薄く粘膜も含むので、体の中でも非常に吸収率が高く、薬が慢性化しやすい。(特に、痒み止めの塗り薬には、ステロイドなどの慢性化しやすい成分が入っていることが多い)

 

病気の慢性化

薬の殺菌作用で、善玉菌も死滅するため、もし真菌系の性病に感染している場合は、症状の悪化や慢性化になる。

 

 

 

 

そして塗り薬は、痒みを「治す」のではなく、「抑えているだけ」ことを理解してください。

 

根本的な改善をして、「治す」ことを意識しましょう。


 

 

 

あそこ(まんこ)のかゆみの原因として

デリケートゾーンのかゆみの原因は、次の3つです。

摩擦

締め付けの強いパンツや、ストッキング、タイツなどの下着が押し付けられるような状態は避けましょう。あそこ(まんこ)の摩擦を防ぐことが重要です。

 

ムレ

通気性のいい下着にしましょう。オリモノなどの汚れや、生理中のムレにも気をつけてください。蒸れによる汗疹のような肌トラブルが、痒みの原因になります。

 

雑菌の発生

清潔にしているつもりでも、実際には雑菌が発生している事が多いです。

 

これが最も大切です。
外陰部などが汚れてしまっていると、雑菌が発生して痒みの原因になります。

 

 

あそこの痒みの原因は、ほとんどが雑菌による炎症

 

じつは、痒みの原因のほとんどが雑菌による痒みなのです。

 

雑菌の発生を抑えるため、デリケートゾーン専用の石鹸で雑菌を洗い流しましょう。

 

 

注意

  • ウォシュレットなどの水による洗浄では、タンパク性のオリモノや雑菌などは洗い流せません。
  • ボディーソープ、市販の石鹸は、アルカリ性が強く刺激が強いため、かゆみが悪化します。

 

 

 

痒みの原因である雑菌は、デリケートゾーン専用の石鹸で洗いましょう。


 

痒みに、おすすめのデリケートゾーン専用の石鹸ランキング

LC ジャウム・ハーバルソープの特徴

デリケートゾーン石鹸 10年間連続売上NO1。

痒みを抑える効果も高く、痒みの元である雑菌をしっかり洗い流してくれます。

全てハンドメイドで作られた、天然成分の石鹸です。無香料、無着色なので、デリケートな部分も優しく洗い上げてくれます。乳首、脇、陰部などの黒ずみを改善する効果もあります。

価格 1,895円
評価 評価5

ジャウム ロンタル ハーバルジェルソープの特徴

合成成分を一切使用していません。

赤ちゃんに使用できるほど肌に優しく、刺激が全くありません。弱酸性のデリケートゾーン専用ジェル石鹸です。

価格 2本 4,590円
評価 評価4

ドルチェローズ 生ジャウムソープの特徴

イランイランとローズのアロマの香り付き。

保湿効果が高く、肌の乾燥も防いでくれます。弱酸性に近いph数値で作られているので、肌への刺激が少ないです。

価格 1,728円
評価 評価4

 

 

雑菌は痒みだけでなく、あそこの臭いの原因にも…

あそこの臭いは雑菌が原因です。雑菌が繁殖して、汗や汚れ、オリモノと一緒に酸化して、生臭い臭いやチーズのような臭いになってしまいます。男性は、女性の陰部の臭いを一番嫌います。あそこの臭いは生理的な事なので仕方ないですが、なるべく毎日しっかりと洗い、ケアをする事が大切です。あそこの痒みも、しっかりと雑菌を洗い流すことで改善することが出来ます。雑菌や汚れを洗い流し、陰部を清潔に保ちましょう。

 

※ あそこは必ずデリケートゾーン専用石鹸で洗いましょう。

 

デリケートゾーン専用石鹸の選び方

デリケートゾーン専用石鹸を選ぶときのポイントは次の2つです。

 

善玉菌まで、洗い流さないか

善玉菌には、雑菌を防ぐ働きがあります。臭いや痒みを抑えてくれる善玉菌を洗い流さない成分を選びましょう。

弱酸性

デリケートゾーンは皮膚がとても薄く、刺激を感じやすい部分になります。低刺激で肌に優しい、弱酸性の石鹸を選びましょう。

 

 

正しいデリケートゾーン専用の石鹸を使用しないと、痒みや臭いの改善には繋がりません。条件を満たしているオススメのデリケートゾーン専用石鹸はLCハーバルジャウムソープです。

 

かゆみを抑える、デリケートゾーン石鹸、売れ筋NO1。

LC ハーバル ジャウムソープ

 

 

  • 高い効果を裏付けるデリケートゾーン石鹸の売れ筋10年連続1位
  • 自然由来のエキスを凝縮した安心成分。
  • 弱酸性で無香料・無着色の優しい洗い上がり。

 

 

ナプキンでムレてあそこ(まんこ)がかゆい

生理用ナプキンのムレによるあそこ(まんこ)のかゆみは、雑菌の繁殖が原因です。 病院で処方される軟膏薬や、フェミニーナ軟膏で、かゆみを抑えることができます。

 

しかし、軟膏薬は、あくまでかゆみ止めとなるので、根本的な改善には雑菌を洗い流すことが効果的です。かゆみ止めと併用して、デリケートゾーン専用の石鹸でしっかりと雑菌を洗い流しましょう。

 

異常なあそこ(まんこ)の痒み

「血が出るほどあそこを?いてしまう。」「?かずにはいられないほどあそこがかゆい」などの異常なかゆみがある場合は、カンジダ膣炎にかかっている可能性があります。

 

カンジダ膣炎にかかると、「ヨーグルトのようなおりもの・酒粕(さけかす)のようなパサパサのおりもの」の状態になります。それと併用して、異常なかゆみがあります。

 

おりものに異常がある場合はコチラのサイトも参考にしてみてください。
参考 おりもの臭い

 

また、カンジダ膣炎は、カンジダ菌(カビ)の増殖が原因でなるので、性行為をおこなっていない場合でも感染します。もちろん、性行為でも発症します。カンジダの症状にあてはまる人は、婦人科での治療が必要になります。

 

 

妊婦中にあそこがかゆい場合は、すぐに産婦人科へ

 

妊娠さんであそこに強いかゆみを感じる場合は、カンジダ膣炎になっている恐れがあります。妊娠さんであそこに強いかゆみを感じる場合は、カンジダになっている恐れがあります。

 

妊婦中は、ホルモンバランスが乱れやすく、免疫力が低下しやすくなるため、自浄作用が弱まりカンジタ膣炎にかかりやすくなります。膣カンジダ症の状態で、出産をした場合、生まれてくる赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があります。かかりつけの産婦人科で、早期にカンジダ治療を受けましょう。 妊婦中は、ホルモンバランスが乱れやすく免疫力が低下しやすくなるため、自浄作用が弱まりカンジタにかかりやすくなります。カンジダを発症している状態で、出産をした場合、生まれてくる赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があるので、すぐに産婦人科に行き早急にカンジダ治療をしましょう。

 

我慢できないほどのかゆみがある場合は、カンジダが考えられますが、ある程度のかゆみであれば雑菌によるものだと思われます。雑菌のかゆみは、デリケートゾーン専用石鹸でしっかりとケアをおこなっていきましょう。またデリケートゾーン専用の石鹸であそこを洗うことで、カンジタ菌の増殖も防ぐことができます。雑菌を洗い流すことで、あそこの痒みを抑えるだけでなく性病予防にもつながります。

 

 


あそこの痒み石鹸